EISインサイト一覧へ

#74 自社のインパクトKPIを設定する方法

Oct 7, 2021

Author

Gina Monteleone
Program Manager @Los Angeles

ベンチャーキャピタリストの85%が、新興企業への投資において環境・社会・ガバナンスへの取り組み(ESG)は優先度が高いが、インパクトを追跡・測定することは難しいと回答しています。これは、大企業の新規事業開発においても同様です。そのため、スタートアップ企業や新規事業立案者にとって、「インパクトKPI」の確立が重要になっています。

サステナビリティレポートは1990年代に始まりました。ビジネスライターのJohn Elkingtonが、1994年に「トリプルボトムライン」という言葉を作ったと言われています。ESGは1990年以降、余興として存在していました。しかし、現在は、ESGが投資の主要な考慮事項となる転換点に来ています。

インパクトレポートの標準化

インパクトを追跡するための多くの方法論が開発・提案されています。Harvard Business ReviewのRobert Ecclesとのインタビューに基づき、Eccles氏はESGの追跡は困難だが不可能ではないと考えています。また彼は、企業と投資家が話し合うための基礎となる、比較的一般的な基準を採用することで、米国は前進すると考えています。一連の基準に対する理解が市場に行き渡ったら、投資家は証券取引等監視委員会(SEC)に、一連の確立された基準と監査の方法を求めるべきです。

Bloombergによると、欧州は事業活動インパクトの測定が最も進んでいるため、ESGへの取り組みにおいて世界をリードしています。しかし、各企業の影響を報告し、監査するためには、依然として多くの作業が必要です。企業はセクターごとに異なる重要課題に焦点を当てているため、企業間のインパクトを比較して報告することは困難です。2021年8月、欧州議会と欧州理事会は「グリーンボンド原則」を提案しました。これは、持続可能な債券の発行者がEUの承認を得たい場合に遵守しなければならない任意のルールブックです。投資家は、この基準をスクリーニングツールとして利用することができます。

キュレートされたインパクトガイダンス

IRIS+と呼ばれる会計システムは、インパクトを測定、管理、最適化するための一般的に認められたシステムを提供しています。プロファイルを作成すると、IRIS+は、好みや重要な問題に応じて、自社の影響力を5つのインパクトの次元にマッピングし、優先事項や目標に合わせてコア指標セットを割り当てることができます。最終的にIRIS+は、実施ガイダンスやエビデンスを含む厳選された指標を下記のように提供してくれます。

LeapFrog社のIRIS+を用いたケーススタディ 

以下、EISの考察です。

  • 今日では、KPIをいかに具体的かつ測定可能なものにするかが重要になっている。このレポートを参考に、下記のステップに沿って自社のインパクトKPIを計測すべきである

    1. 中長期的な目標に向けて、明確な変化の理論を設定する
    2. KPIの選択と構成
    3. KPI測定を可能にするために、KPIのベースラインデータを定義する
    4. データ収集と分析の設計
    5. チームとプロセスの確立
    6. データの管理と分析
    7. データから推論する
    8. 社会的影響を報告する
  • 社会の変化は、達成するのが難しい。そのため、社会的インパクトを測定するには、学際的で相互に関連したシステムアプローチが必要である
  • インパクトKPIを設定して公に発表することは、起業家としての資質と情熱を示す最高の機会である

インパクトKPIを理解することは、スタートアップや新規事業開発には不可欠です。インパクトを追跡することは難しいですが、前進する道はあります。最終的には、ビジネスのインパクトKPIを具体的かつ実行可能なものにし、設定された各KPIを体系的に達成する方法を示し、インパクトを与えるための自社の掲げる情熱を公に示すことが最も重要になります。

参考文献

  1. Crunchbase
  2. Harvard Business Review
  3. Bloomberg
  4. Sidley
  5. IRIS+
  6. Social Change Central
EISインサイト一覧へ

EIS Networkとは、 新規事業を生み出す人々のための実践で使える生きたノウハウ、人脈、マインドセットを培うプロフェッショナル・コミュニティです。(詳しくはこちらから)